忍者ブログ
awa
<<   2019   08   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
26 August 2019            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 October 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
この間は生温いことを書いてしまった。
反省。
うだうだ言うのはよくない。
きっぱりはっきりした人間になりたいです。

とっさにことばがでてこないのです。
先日、あるラーメン屋で生卵付きのラーメンのメニューに夏期は卵抜きですって書いてあった。
飲食店なのに東学のテイクアウトみたいなこと書いてあってそれも疑問だった。
けど、夏期は過ぎたと思って注文したら、卵つきませんって言われた。
そうですかと他のものに変えたけど、あとから不満や疑問がうずまいて、
だってもう10月なのに夏期ってどういうこと。
秋の鍋メニューとやらを始めているのに夏期ってどういうことって
ウエイトレスさんが把握してないんじゃないかとか、
いつまで夏期なのかとか、
飲食店で生卵扱わないって食品管理大丈夫なのかとか、
もっと率直に聞けば良かったと思い、そういうことよくあるなと自分が残念で仕方なかった。


週末は久しぶりに友達とご飯食べたり実家で猫に癒されたりした。







袋入りにゃんこ





丸の内のごはん






PR
30 September 2010            どろどろしたもの  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
もやもやと書いておきたいことがあるのだけど、
何をどう書けばいいのかうまく言葉を出せない気がする。


とにかく、
今日来年就職する会社に行ってきて人事の方から心構えを言われて、
やってきたことを生かせる仕事につけるのは本当に幸せなことだとか、そういうようなこと。
確かに私はインテリアの仕事に就きたいと思っていたしデザイナーとしての職につけることは喜ばしいことで、待遇もよいのだけど。
しっかりして真面目でおかための会社。

共感ポイントが少ないんだろうな。
社風や製品の方向性に。
中川商店のときは本当にずんずんって心に響く会社の方向性があって、
でもそれは憧れで、自分と合っていたかっていうとわからなくもあるけど。

憧れや夢を追い続ける努力はわたしには足らないから
人生設計は苦手でその場の気持ちで動く部分が多く今さえ良ければの刹那主義で、
私の志向的にもこの現状に不満があるわけでもないのですが、

皆川さんや鈴木マサルさんの作品やブログを見たりテキスタイルデザイナーとして活動している人をみると
羨望や憧れはやはりあって、「私なりの幸せ」と割り切って考えられるほどに成熟していない。

嫉妬とか、ある。
単に嫉妬にかられたような話。


人事の方に芯は強そうだけど感情がでやすいように思うって言われて、えって思った。
それは嫌だと思ったけど感情が顔にでやすいとかそういう意味ではなくて感情に揺り動かされやすいという意味な気がして、それはそうなのかもしれないかもしれない。

しかし以前高橋先生にデザインを考える思考が男性的だと言われたことも同時に思い出した。もっと感情にまかせろ、と。
そんな感じ。



なんだかもやもやするのだ。

まとまらないのだ

おわり
29 September 2010            おつかれ  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
久々に時間を気にせずゆっっくりごはんを食べた。
3時間、色恋話や愚痴のないお話をして楽しかった。
正しい道を知ることはないし、寄り添って歩くことも出来ないけど、
その人が進む道の木陰のように手助けできる人になりたいと思った。


とりあえずえーこせんせいを見習ってものをすてて部屋をかたづけたい。



技法とパターンも一から考え直しである。
でもきょうはねます。
23 September 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
          
           決めたところに決まりました。
19 September 2010            紛失に喪失  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
携帯電話をなくしてしまった。

一人暮らしにとって携帯電話はかなり重要なパイプラインなのだと、
普段なにげなくもって大してつかってるわけでもないけれど、
電話ができないというのはちょっとしたことで本当に困る。
連絡先が無い自分。

遺失物届けをだしても見つかったって連絡すらもらえないのだ。

購入して2ヶ月しかたっていないのでローンも残ってて。

とりあえず新しいのを手配するまでは孤立です。

たったあれだけのものにね。




おとしたらすぐにきづくように
鈴と大きいストラップでもつけようつぎは。 
13 September 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
 7月に内定を頂いた会社に、今日辞退の電話をした。

法的には何の問題もなくても、承諾書をだしたあとではやはり心苦しい。

本当に申し訳ないと思う。

その会社で働きたい気持ちも勿論あったし、感謝の気持ちもあったので
迷惑をかけることに申し訳なさでいっぱいだった。

けれど電話ではうまくそういうことを伝えることができなくてありきたりの電話になってしまったのが残念。

何を言おうが会社からすれば辞める人にはマイナス感情しか無いとは思うけれど。

時間を重ねて得たご縁もたった5分足らずの電話であっさりとなくなってしまった。

本当になんというか・・・






かといって他に内定を頂いたわけではなく、
今選考中の会社の次の選考と前述の会社の研修日が重なってしまったことによる決断でした。

日をずらしてもらえば両方参加できなくもなかったけど、
結果がすぐでるわけではないし、研修出た後で・・・っていうのは嫌だったので、
もう腹を括って絞りました。
鬼が出るか蛇がでるか


親に一応報告したら自分の好きなことをやればいいよって言ってくれて、
私は本当に自由に生きて、生かされているなあと思いました。

贅沢なことだ。
12 September 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
 本を買う時はその本に期待をもって買うわけです。

開く前にドキドキしてわくわくしながら頁をめくってゆきます。

でも期待をもってしても期待値が大きすぎると、

フィルターをかけてその本の内容をとりこんでしまうので、

全てに感心するのでなく否定の目もなければ

自分にとってのその本の価値を見いだせなくなるかもしれません。

しかしわくわくなくして本を開く楽しみはないのであって・・・・



結論として何度も読めばいいのだと気づきました。

<<   HOME    1  2  3  4  5  6  7  8  9   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts