忍者ブログ
awa
<<   2019   09   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
16 September 2019            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 November 2010            訃報  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |

「皮膚の内側」ならば、僕の体なんて言うのはただの器のようなものなのです。
その中に僕がすでに転がってはいるけど、父親を入れてあげるぐらいの隙間なら十分残してあるのです。
彼は力強さを持って僕の中で生きるのです。


そのために移せる準備は十分してきたのです。
捉え方や考え方だってたいして変わりはしません。僕はまだ未熟者だけど。。
そして、彼の生き方や考え方、成せなかったことは十分理解しているのです。

何より、ひどくここに在ると感じるのです。
なんだか悲しくなくて、胸だけがただいつもより熱いのです。

体というのは装置で、心というのはその機能だよ。
そして人の体はとても柔軟なんだ。
装置は代えが利かないけど、機能は乗り換える先さえあれば、移し替えることが可能なんだ。そゆこと。


だからあなたが続けてきたものを絶対に無駄にはしないんだよ。僕がつなげていく。僕はあなたになり、あなたは僕になるんだ。あなたを殺しはしない。
それは絶対に殺してはいけない魂だ。


もう一度、僕の中で大切に大切に育てていく。



転載元http://twitter.com/tokeigoya


涙がでてきて、とまらなくなって。


奥田先生の訃報は突然で、闘病しながらもまたひょっこりと顔を見せてくれるような気がしていた。
つい先日教室で先生の話題もした。

5年前多摩美に入学した時には先生はまだお元気で竹内さんと同じくらい学校に来てくれていたけれど、当時はまだシルクスクリーンには関われてなくて、私の意識もそこには向いていなくて。
しばらくしたら先生はあまり学校にはお見えにならなくて、私が覚えているのは、
去年の前期課題の講評の時に先生がお見えになって講評して頂いたことくらいだ。
けれどその講評でとても救われた。
奥田さんにしてもらった講評が、今までで一番心に残ってる。
たったそれだけのことだけど。



前述の奥田先生の息子の博伸さんの言葉に涙が止まらなくなった。

一番身近な人の声を聞いて、
私が涙を流すにはおこがましいほどの細い関係だったのに、涙が止まらない。


言えることはただただ、ありがとうございました。
PR



常々、

人の不満や愚痴を口には出さないように気をつけて入るのだけど(これでも)

愚痴ってのはどうもこうも容易くこぼれるものなのです。


なにかがおこったとき、理不尽を感じてもまず自分の行動を振り返り、
自分にも非があったことを悔やむけど、それでも理不尽なことに対する怒りは消えない場合もある。

「言っていることはわかる。わかるけれど・・・」
この・・・がかなり厄介なやつだ。




09 November 2010            「同期」  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
懇親会で初めて同期の方とお会いしました。
大体の人は以前にも集いがあったみたいですが、選考もずっと一人だった私は、
いっしょに働く仲間を見てやっと働く場所の輪郭が鮮明になってきたようです。

みんなリクルートスーツそのままだった。
オシャレ要素ゼロのお硬い感じ。
なるほど。

二次会も無いさらりとした集まり。
私はあっても行けなかったけど誰も言い出さないのもすごいな、と。
今のところ二人のデザイナー職まだ募集しているみたいでもしかしたら増えるかもよと言われました。
それはそれで楽しみ。多摩テキで受けてる子はいなかったよね??と確認。
何も知らずに入社式であったら笑える。というよりは寂しい。


入社式は本社でなくて栃木の今市でやるらしく!
昔合宿で良く行ったなあと懐かしく思います。
栃木まで行くのは珍しい気がする。

馬喰町にあるシラカワで糸を見たかったけど迷子になっているうちに営業時間過ぎたので吉祥寺に行きました。
久しぶりに降り立ったので、そっかユザワヤなくなったんだ、と。
移転だけど元ユザワヤビルが暗いのが寂しく。


アブリルで糸を購入。こちらも移転してかなり広くかわいさ増していました。
そして営業時間ぎりぎり。
アブリルの糸はかわいいけど、ちょっと高い。
生成りの綿100gで500円、1000円する。
リング等の意匠糸とはいえ、しかし学校のファイルでみつからなかったので仕方なく。

明日は頑張って起きようと思いつつまた就寝は2時過ぎです。
おやすみなさい。
08 November 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
どきどきしすぎるのもよくないし、どきどきしなさすぎなのもどうだろう。

でもあの会社に行く前日はいつもドキドキしてなかった。
身構えなしでぽーんと軽く出かけてた。
ドキドキしすぎると頭まっしろになって、言葉がなんもでてこないからね。
ドキドキしないくらいがちょうどいいんだと思うんだ。
それは裏目になることもあるけどね。
あしたはどうだろう
服装に困って軽い気持ちで話題にしたら友人がいっしょに考えてくれてスーツまで貸してくれた。
私自身なにをどう困っているかよくわからない話だったのにちゃんと聞いてくれた。
「内定式」ではなくて「懇親会」なのが服装に困る要素。
内定式がなかったからおそらく懇親会という名の内定式という位置づけでたぶんいいんだと思うけども。だけどもだ。

まあ行ってみてちょっとラフだったらシャツ一枚脱げばいいことかしら。
これからを共にする人たちの出会いを大切にしよう。
そう思うとちょっとドキドキする深夜二時。
01 November 2010            赤い水筒  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |
今日は午前中から学校にいったけど、なんだかもやもやいらいらしてしまって、
作業もあんまり進まなくてコーヒー飲んでも回復しなくて、怠惰な時間を過ごしていたのだけど、トレース室で見慣れた友人の赤い水筒を見たら不思議なくらいほっとした。
持ち主のとことにいって他愛もない話でいらいらは払拭された。
存在証明の欲望は時々こうして顔を出す。

凛と強くなりたい。


















本気で連絡したいと思えば手段はなにかとあるわけで、
大して必要としていないのに未練がましくとっておかなくてもいいのよ。








というわけで、放置していたmi●iやめてきた。

心境としてはきっぱりした人になりたいと思って。
知人の様子知りたければ本人に聞けばいいじゃない。
こそこそ日記みないで。
別に批判ではなくて私自身の気持ちのありかたなのでSNS批判では断じてないです。
ただなんだかもう未練がましい気がしてね、諸々と。

オブラートに包む精神がなかなか身に染み付いていて、はっきり物を言うことが難しい。
八方美人は嫌いなのに自分はそんな感じであったり。
そのためのひとつのけじめです。
16 October 2010            無題  |  日々  |  TB:0  |  C:0  |

写真たてに表示できないかな。

すきとかきらいとかそんな単純なことではないけど、
不満ばかりの自分が満足できるものを自ら作れる気がしない。

未だモラトリアムにつき
<<   HOME    1  2  3  4  5  6  7  8   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts